こまめに脂取り紙を使って

お手入れはプロ任せ。

MENU

混合肌のスキンケア

年齢とともに変化する肌質の悩み

40代・・年齢とともに脂性肌から混合肌になり、Tゾーンはべたつくのに目元はかさつく厄介な状態になってしまいました。

 

しかも、脂性肌は乾性肌に比べて丈夫なイメージがありますが肌は弱く、すぐに湿疹が出ます。

 

いよいよ酷くなると皮膚科で処方されたステロイド軟膏を塗り、普段はいかに薬を塗らなくて済む状態を保つかと苦心するのが私のスキンケアなのでレベルは低いかもしれません。

 

お手入れの基本は朝晩2回の洗顔で、石けんをしっかり泡立てて丁寧に洗います。

 

注意しているのはすすぎをしっかりすることで、特に髪の生え際はしつこいほど丹念にします。

 

その後は化粧水とクリームで水分と油分を補います。

 

クリームは軽めのテクスチャーを選び、目元だけ重ね塗りをしています。

 

日中心がけているのはこまめな脂取りで、たとえノーメイクでもテカリが目立つ前に脂取り紙で押さえています。

 

以前はぺリッと剥がすタイプの毛穴パックを使ったこともありましたが、肌が傷むので今は止めています。

 

勧められるままに色々なアイテムを揃えても面倒だったり高額過ぎると続けることができません。

 

肌は年齢によって状態が変わるので先のことは分かりませんが、現在は水分と油分を軽く補充して、余分な脂をこまめに取り去る方法で落ち着いています。